Complete text -- "2014年3月の例会、そして英香へ"

06 April

2014年3月の例会、そして英香へ

今年(2014年)の三月の例会の一コマ
例会は、春名徹さんの「過渡期の海難救助費用の負担問題」というテーマで行われました。
例会には、毎回、常連の方、地方から上京され参加された方など20〜25人ほどが参加します。
今回の通信は、三月例会の一コマをご紹介いたします。

駒場東大は三月末ということで桜が満開。例会報告の後、駒場グランドの桜を見に行くことになりました。



安達会長の向こうに駒場グランドの枝垂れ桜が見えてきました。



この桜は、かなりの古木で、花びらが淡く歴史を感じさせる落ち着いた桜並木になっています。
グランドでは野球部が練習をしていました。東京六大学でなかなか勝てない東大野球部ですが、
いつもここで練習しているのでしょうか。
そういいえば、「野球」の名を考案して名づけ親になった正岡子規も、一高時代には駒場で野球を始めたということです。
はたして、子規もこの枝垂れ桜を見ながら野球をしていたのだろうか?などと思いをはせながら、会員諸氏はお花見を楽しみました。




さて、ここから、数分、例会の案内でかならず登場する懇親会「英香」へ向かいます。
例会に参加される会員の皆さんの約半数は、ここに、再集合して例会の講師をかこんでの二次会となります。
地方からご参加の皆さんも時間のゆるす限り、この懇親会にご参加していただければと思います。
思わぬ貴重な情報が得られるもの懇親会ならではです。




※個人情報なのでなるべく顔が出ない配慮をいたしましたが、写真で顔が見えてしまった方、
特定の会員向けブログということでご容赦いただければ幸いです。
07:02:27 | umi | |
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)