Complete text -- "海軍の威信とアメリカ国民意識――パナイ号事件に見る文明の違い――"

01 August

海軍の威信とアメリカ国民意識――パナイ号事件に見る文明の違い――


 当事件が表面化されることはなく、知る人はあまりない。
国民国家意識が醸成された米国民に向かって、対アメリカ軍事担当の海軍が介入を仕掛けたこの事件を通じ、その3年後に生じたアジア太平洋戦争との関わりについて、院生時代のテキスト、笠原十九司「日中戦争とアメリカ国民意識」『日中戦争』中央大学人文科学研究所編1998年8月p391〜p465から少々述べてみたい。
 1937年12月12日、南京攻略作戦の最終段階、海軍機が南京付近の長江を遡上中のアメリカの砲艦パナイ号と3隻のタンカーを攻撃、撃破、撃沈、船長2名を死傷させ、多数の重軽傷者を出した。南京大虐殺の行われた時期と場所が同じ地域であったこと、このとき、8名の報道カメラマンや記者、多くの外交官等が乗り合わせていた。報道関係者は日本軍の残虐行為を中国サイドから取材したあと、南京から避難中の出来事であった、途中で日本の陸軍士官がパナイ号を停船させ、乗艦して、目的や停泊地を調べていった。
 事件発生当日は、晴天、午後1時38分、攻撃してきた爆撃機の日の丸をはっきり確認した。1次攻撃は3機の爆撃機、2次攻撃は戦闘機6機で、計20発の爆弾投下、負傷者運搬中の救命ボートに向かって機銃掃射が加えられた。パナイ号と、護衛されていた3隻の米スタンダード石油会社タンカー各船には、複数の大型星条旗が掲げられ、上空からもはっきり確認できた。この事件は翌12月13日のアメリカ大手新聞各社により、一面すべてが当てられるなど、大きく報道され、乗船していたユニバーサル映画のカメラマンが撮ったフィルムは、映画化されニューヨークの映画館はどこも満員になった。
 ワシントンポスト紙は、1938年1月18日に「・・・すべての日本商品のボイコットによってのみ狂気の日本軍閥を抑制することができる。アメリカの少女ならびに女性たち、絹をボイコットすることで戦争は阻止できる・・・」と反日感情はきびしく、女性側は実力行使に出た。ルーズベルト大統領下の和平交渉は、日本側も誤爆を認め、丁重な陳謝、損害賠償を約し、アメリカ政府との決着はついた。海軍側の戦略どおりに事は推移し、国内では、一件落着、馬耳東風を決め込んだものの、内心、威信を保ちつつも、勝ち目のない対米戦を避けるために必要な、極めて重要な作戦でもあったことも承知していた。報道の自由に対する米側の過剰防衛反応もあったにせよ、日本軍国主義に対しての恐怖は増しつつあった。  

 防衛研究所紀要 第11巻第1号(2008年11月)戦史部第1戦史研究室の論文によると、1941年12月の真珠湾攻撃は、山本五十六連合艦隊司令長官直々の命を受け、徹底した情報収集と機密保持を基に綿密な作戦計画と訓練が行われ、そしてその作戦意図を最後まで隠し通した海軍による戦術的インテリジェンスの金字塔であった。時期的にも、F・W・ランチェスター法則7割5分という、米英と互角に戦える戦力ぎりぎりの可能性を擁した最後のタイミングにあった。戦争が長引けば負けることもまた必至であった。そしてこの難問に対する解答を提示したのが山本五十六長官であり、それこそが航空機の奇襲による真珠湾攻撃なのであった。 
 さらにはこの奇襲攻撃が成功した後に海軍が頼りにしたのは、アメリカの世論が厭戦気分に支配されることと、ドイツの欧州制覇であった。すなわち山本は戦術的に米海軍を叩く方法を提示し、成功したが、戦略的な解決方法となると明確な解答を提示するまでには至っていないということになる。
恐らく戦術的に見れば、海軍の判断は極めて合理的なものである。しかし戦略的に見ると、対米戦という判断は全く意味のないものであろう。
既述したように、日本軍には中長期的な観点から状況を判断するセクションが存在していなかった。そして海軍はアメリカ世論が長期戦に耐えられない、という何の根拠もない予測に頼ったのである。
 山本は真珠湾攻撃がアメリカの世論に打撃を与えると考えていたようであるが、そのような考えは全く逆であったことがすぐに露呈するのである。そもそも米世論の厭戦蔓延とドイツ軍の進撃に賭けておきながら、米世論に対してプロパガンダ工作を行うことや、ドイツ軍に対する客観的な研究を実施することは不十分なままであった。国内への報道問題で有名なのは、台湾沖航空戦における戦果誤認であろう。台湾沖航空戦とは1944年10月12日から16日まで行われた日米間の航空戦であり、この戦いで日本側航空戦力は大打撃を被ったが、大本営は現場からの報告をそのまま鵜呑みにしてしまい、空母19隻(本作戦に参加した米空母は17隻)、戦艦4隻を撃沈、撃破と発表、日本中を勝利に沸かせた。
 もしこの戦果が本当であれば、西太平洋における米空母部隊はほとんど壊滅したことになる。実際に撃沈された空母は一隻もなく、この過大な戦果は現場の未熟な搭乗員の報告とそれを受け取る指揮官が確認作業を怠ったことにある。この手の報道は、中毒症状を呈する傾向にあるのか、米空母「レキシントン」は6回、「サラトガ」は4回も撃沈されたことになっている。そのあまりの杜撰な報告に天皇は「サラトガが沈んだのは今度でたしか4回目だったと思うが」と軍令部総長に苦言を呈す有様であった。原爆投下、焼夷弾により国家の現実を目の辺りにすることとなった。
     
ご参考までに、2013年終戦戦記念日にあたり、以下「昭和天皇による人間宣言」と1930年ころのドイツ新生児教育の資料を「東海大学教養学部人間環境学科社会環境課程  鳥飼研究室」より引用させていただきました。
 。


アメリカの砲艦パナイ号

05:29:27 | umi | |
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)