Complete text -- "平成24年の総会懇親会から"

21 October

平成24年の総会懇親会から


しばらくの間、会員通信が途絶えてしまいました。管理者の力不足で恐縮です、ご容赦ください.

日本海事史学会は安達会長の尽力と副会長、理事の皆様の支えで、毎月の例会と年1度の総会が運営されています。
安達会長の退官により、今年度からは、例会の会場を駒場東大の中にあるファカルティハウスのセミナー室に移して開催され、
総会も特別講演もここで行われます。
今回の通信では、今年の総会の特別講演後に行われた懇親会のポートレートをご紹介したいと思います。

ここ、ファカルティハウスは駒場友の会が運営し、亡き小佐田先生ゆかりの一高同窓会館跡地に外国研究者のゲストハウスや
セミナールームなどを持つ複合施設として設立されたものです。


なんといっても、駒場周辺のセレブな奥様が大喜びのフレンチレストラン 「ルヴェ ソン ヴェール駒場」が1階に開店したことにより、
ファカルティハウスで開催される日本海事史学会の懇親会は料理が格別においしいという評価を得ることになりました.


さて、世の中、いずこの学会も高齢化が進む中で、毎月の例会や総会に出席される会員数も減少ぎみですが、
海事史総会の懇親会には遠方から久しぶりに訪れる方あり、意気軒昂、新旧の研究者の情報交換の場として、まだまだ、
その役割は衰えてはいないものと思われます。関西からは、いつも松木哲副会長がご参加くださいます。



今年の総会の特別講演は会員中西聡氏の北前船と日本資本主義ーその活躍と経営遺産ーでした。講演を終えて安堵の中西会員です。



懇親会は情報交換の場でもあります。例会に参加するのがたいへんな遠方の会員の方にはぜひご参加いただき懇談して楽しんで
いただければと思います。退官後の安達会長は気力充実、とても元気ではりきっています。



最後に、ルヴェ ソン ヴェール駒場の料理をご紹介します。そして、毎月の例会、来年の総会でまたお会いすることを願っております。
地方の会員の皆様、遠方の会員の皆様もご参加いただけると幸いです。
07:40:54 | umi | |
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック
DISALLOWED (TrackBack)